【6/3(土)チケット】屋根裏ひみつ基地 act.2 天降る日の茶夜会【15席限定】
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

【6/3(土)チケット】屋根裏ひみつ基地 act.2 天降る日の茶夜会【15席限定】

歌と朗読劇でお送りする、屋根裏の歌劇座の公演、第2話。
ゲストに声優の瀬戸ちとせさんをお迎えします。

観劇のほか、出演者と一緒にひみつのお茶会にご参加いただけます。
※1ドリンク&おやつ付きの入場チケットです。


<会場アクセス>
カフェオ猫と15の椅子(綾瀬)
http://www.cafeo.tv/house/index.html#access

<act.2 天降る日の茶夜会 あらすじ>

 『小さなメイドの、大きな夢。』をテーマにお送りします。
それは天から星が降る季節のお話。

 屋根裏の寄宿舎で古くから給仕するメイド長。 少女のように見えるけれど年齢不詳で、歌劇座内では誰よりも長く居り、お給仕係として若き隊員を支える素晴らしい人格者です。
 メイドとしての志は高く、そして時には厳しく、そのちいさな体からは想像がつかないほどパワフルな女性。夢を追う若者たちの背中を押しながら、メイド長としての仕事は日々深夜まで大忙し。
 ある日の深夜のこと。メイド長は仕事終わりにふと思い出したメロディをハナウタしました。すると突然、座長の部屋でもある屋根裏部屋へ続く階段にたちまち赤い絨毯が敷かれました。導かれるように上っていくとそこにはまだ幼い頃のメイド長の姿が。それは屋根裏の座長、プリマ・ステラと出逢った頃の自分。あの頃ささやかに抱いていた夢のミュージカルがはじまります。

 翌日、メイド長は見習いの星歌隊の少女たちを深夜にこっそり呼び出しました。ふたりはなぜ自分たちがこんな時間にメイド長から声がかかるのかと困惑します。つい寝巻のままで、ふらふらと向かう先は寄宿舎の屋根裏部屋。
 メイド長は最近すっかり元気のない少女たちのことが気がかりでした。昨夜の出来事をふたりに語りながら屋根裏部屋のドアを開け、ひみつの茶夜会へ招待したのでした。

 眠りかけた少女たちの夢を、そっと目覚めさせるために。

¥ 3,000

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。